忍者ブログ
Admin*Write*Comment
夕闇の虹
[8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



君の手を見詰めたあの日




もう

きっと


あのに出会うことも無いはず



PR

20071030232857.jpg
うっかりすると話言葉も七五調。


ここ数日ずっと短歌を考えてました。
今のところ出来たのは10首くらい。

ある公募に応募するためだったのですが。
のうみそ吹っ飛ぶかと思ったフル回転。

テーマがね、「恋」だの「愛」だのなのですよ。

苦手なのですよ、愛だの恋だの。
「え、いつもここでかいてるじゃないのよ」
・・・などというツッコミは厳禁です。
ツッコミそうになった人はよく見て下さい。


殆ど無いんですよ、幸せな短歌。


初々しかったり幸せな恋愛短歌少ないんです。
終わってたり引き摺ってたりが多いです。
ほぼ切ない片思い・未練編。

あー。


終わってない片思いのういういしさって思い出せなくて大変でした。

未発表のものじゃなきゃいけないので昔作ったものは全て出せなかったので作り直し。
2月の発表が終わったらそのうちここにも出そうかと思います。

・・・・結果はどうあれ。







これからの命を君と共に行く 



悲しかろうと

嬉しかろうと 







秋雨は君への涙

去って逝く君の心を見送る涙 






片時も離れる事は無いのだと信じていたよ昨日も今日も



 


   六年後のリベンジ


        魂が潰されていく音がする 消えてく夢の中に一人で

 ち       地下鉄の窓に映った君の背を振り返れずにただ見詰めてた

 つ       つまらない言い訳ばかり口にする君を見捨てて進めない僕

 て       手の温度 無言の背中 強気の眼  私にとって全てが君で

 と        時々は思い出してと言えなくて自分ばかりが囚われている







絶望を噛み砕いては飲み込んで涙に変えて昇している 









雑踏にあの頃じゃない君が居て夢ではないと強くって








あの頃の様に咲く花


あの頃の様にえはしない僕たち







失った心が濡れて転がって

此処に無いのに



沁みて

くて



  • ABOUT
だらだらのびのび言葉を紡いでます (リンクはフリーなのでお好きにどうぞ)
  • ブログパーツ
  • カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
凍心  (Touko)
性別:
非公開
職業:
色々やってる自由人
趣味:
ゲームとか本とか散歩とか言葉紡ぎ
自己紹介:
深くも考えてたり考えてなかったり
駄目人間ッぷりは年々悪化中

詩もどきを書いていたり
ふらふらお茶してたり
人の生死を見つめていたり
ゲームばっかりしてたり
朝焼け写真を撮ってたり

多分そんなヤツです
  • 最新記事
  • 最古記事
  • 最新CM
[10/01 ai]
[05/12 Backlinks]
[03/15 凍心]
[09/04 夢うさぎ]
[05/28 凍心]
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 夕闇の虹 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]