忍者ブログ
Admin*Write*Comment
夕闇の虹
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




朝を始める世界

夜を終らせる僕等



夢を見て始める世界

光を受けて繰り返す僕等 



PR




いつも

君の心の先にいることを支えに生きてきた僕だから




君に最期のさようならを言う時が来ることなんか

考えもしなかった






今日も朝焼けが始まって

僕らの時間が巡り出す





君を思うことを

君がやめてしまったら



君は一体

どこへ進むというのだろう



僕を思うことを

僕がやめてしまった絶望は




きっと繰り返してはいけないものなんだ





君のもとから去って

君のもとへと帰る


ただいま
僕の帰る場所





もう少し
駆け抜けて

朝日が昇るあの先まで



君は答えを見つけるのじゃなく

君は答えに気がつかなくちゃいけない





もうすぐこの匂いに急かされて夏がくる

ぼくらのまちはこの匂いに誘われて春を終える


幻を見ていたよ


繰り返す
ぼくらのまちの歓びを





夕闇

抜ける風

リラの匂い

帰り道

幻の色の空

伸びる影

足音


迫る夏の匂いと
逃げてゆく春の音



開き始めた花を

君の眠りに添えて



そこに

なにがあったかなんて僕は全然知らないのだけれど



それでも君は微笑むのだろう



今日の月みたいに









そこに在るのに

何も見えない



悲しさと絶望は
いつも誰かを盲目にさせて

僕はそんな人を見つけては
何も言わず白杖を持たせる


見えないのではなくて

何も見たくないのでしょう?

見たくなければ

感じたらいいでしょう?


杖を持つ手に集中し
掌でそこに「在るもの」を感じるだけ

触覚だけを頼りにして
触れる風の感覚を捉える


何も見えないのです

怖くは無いでしょう?

何も見えないのです

感じるしかないでしょう?


感じないことは怖いのです
見るのも感じることですよ

それにさえ気づけたら
あとは目を開くだけ


やがて目が開けたら
僕は沈黙して白杖を受け取る

杖がまた見えない人を知らせるまで
杖を頼りに歩くのです

  • ABOUT
だらだらのびのび言葉を紡いでます (リンクはフリーなのでお好きにどうぞ)
  • ブログパーツ
  • カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
凍心  (Touko)
性別:
非公開
職業:
色々やってる自由人
趣味:
ゲームとか本とか散歩とか言葉紡ぎ
自己紹介:
深くも考えてたり考えてなかったり
駄目人間ッぷりは年々悪化中

詩もどきを書いていたり
ふらふらお茶してたり
人の生死を見つめていたり
ゲームばっかりしてたり
朝焼け写真を撮ってたり

多分そんなヤツです
  • 最新記事
  • 最古記事
  • 最新CM
[10/01 ai]
[05/12 Backlinks]
[03/15 凍心]
[09/04 夢うさぎ]
[05/28 凍心]
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 夕闇の虹 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]